慶良間諸島国立公園・渡嘉敷島の観光ドライブガイド レンタカーで島を1周しよう!

TOPへ戻るTOPへ戻る

渡嘉敷島をドライブしよう♪

渡嘉敷地区から出発!

さあ、渡嘉敷島の玄関口渡嘉敷地区から出発しましょう!旧港待合ターミナル(写真左 2階は食堂シーフレンドジュニアと歴史博物館)から島の北部に向かいます。すぐ左手に見えてきたのは、島で唯一の交番。沖縄本島から赴任してきた駐在さんが1人勤務しています。 事件らしい事件はほとんどないので、時々ある事故の処理や落し物受付、免許切り替えの手続きが主な仕事です。レンタカーやレンタバイクで交通量が増える夏季には島内パトロールをされています。この右隣には、渡嘉敷島のお土産マグロジャーキーを作る工場が。

旧港待合所 渡嘉敷の交番

民宿かりゆし手前を左に曲がりぐんぐん坂を登っていくと渡嘉敷港入り口の城島(グスクしま)やフェリー乗り場が見下ろせるポイント。

グスク島 渡嘉敷港

さらに昇っていくと右手に『白玉の塔』の看板。ここは先の大戦で犠牲になられた島民や兵隊さん、従軍韓国人を慰霊するための碑があります。行かれた方は是非 手をあわせて下さい。

駐車場 白玉の塔

この道を最後まで行くと頂上には 国立沖縄青少年交流の家があり広い敷地に体育館、野球場、ボクシング場、大浴場、食堂があり合宿する学生や林間学校の生徒達でにぎわっています。 一般の観光客も入ることが可能です。

入り口と受付 野球場

ここで是非立ち寄って欲しいのは、東と西の展望台。西展望台は慶良間諸島が一望でき、天気が良い時は久米島まで見られます。慶良間の島々の向こうに沈む夕日は言葉に出来ません。また東からは、前島をはじめ沖縄本島が見えます。 夜は360度のパノラマで星達が見え最高の思い出になりますよ。

西展望台 東展望台

そして、ここの敷地内に沖縄戦での集団自決の慰霊碑があります。

集団自決慰霊碑

渡嘉敷地区に戻り、右手に渡嘉敷幼稚園・小学校・中学校を見ながら集落内に入って行きます。真新しい大きな建物は渡嘉敷村役場。左手には公民館、その裏手にはATM併設の郵便局があります。渡嘉敷島の中心地ですね。買出しが出来る農協は、現在建て替え中。

渡嘉敷小中学校 渡嘉敷村役場 渡嘉敷郵便局

渡嘉敷地区を抜けてとかしくビーチ・阿波連ビーチ方面へ

渡嘉敷地区を抜けると沖縄の離島には珍しい田園風景が広がります。渡嘉敷島は山が高く谷が深いので水が豊富で稲作が可能なのです。水不足が頻繁に起こっているお隣の座間味島と大きく違うところです。その田んぼの横に島の逸話を歌にした歌碑が作られました、

水田 歌碑

急な坂を登りきったところに三差路があり、右に下りるととかしく地区。左へ進むと阿波連地区です。左の道を少し行くととかしくビーチを見下ろす絶景が!このケラマブルーを見て感嘆の声を上げない人はいません。 夕日はこちらから見られるので、慶良間の島々を赤く染める夕焼けは見る人のため息を誘います。

三叉路の標識 とかしくビーチを見下ろす

しばらく進むと右手に戦跡碑と照山園地。ここでは、1,2月ごろケラマツツジの開花が楽しめます。

慰霊碑 照山園地看板

さらに進むと右手に森林公園ログハウスの看板が。ジェットコースターのような坂を登りきると阿波連ビーチと向こうにはハナレ島(シブガキ島)が見え、突き当りに私が管理するログハウスがある森林公園の入り口駐車場です。 慶良間諸島国立公園の阿嘉島、げるま島が正面に見え、宿泊のお客様には絶好の夕日撮影スポットです。駐車場右手に長いローラー滑り台入り口があり下の公園へと続きます。

ログハウス看板 阿波連ビーチを見下ろす 森林公園駐車場 慶良間を見渡す

照山山頂の展望台に続く階段がこの途中にあります。

展望台案内 展望台へ続く道

阿波連集落に入ると商店前に駐車場を示す看板があるので、阿波連ビーチへ行く方はこちらで駐車をしてください。

駐車場看板

阿波連集落を抜けて渡嘉敷島南端へ

集落内を左に折れて行くと左上に上っていく道があるのでそちらを選びます。まっすぐ行くとダイビングボートが発着する阿波連港が。 少し登ったところから見下ろす阿波連ビーチは、圧倒的な美しさを誇ります!最高のシャッターポイントなので撮影をお忘れなく。

阿波連ビーチ ハナレ島

この道の先は二手に別れ、右は阿波連園地、左は林道を通り渡嘉敷島の東側から渡嘉敷地区に戻ります。まずは右の阿波連園地を目指しましょう。しばらく行くと左手にキノコの形をした東屋と展望スペースがありよい風が吹いています。

案内看板 キノコの公園

渡嘉敷島最南端の阿波連園地に到着。駐車場、公衆トイレ、東屋ときれいに整備されています。奥に灯台が見えますが、途中水路があるので徒歩で行くのは不可能です。ヤギの群れに遭遇することがありますよ。

阿波連園地へ 阿波連園地駐車場 きれいな東屋 東屋

同じ道を戻り次は、林道を通りましょう。渡嘉敷島の東側を通るこの林道沿いは、ほどんどの部分が林ですが、それを抜けると絶景が待っています。手つかずのビーチが美しいですね

左へ行くと阿波連に戻る 素晴らしい景色 向かいは先の林道 隠れビーチ

渡嘉敷島の東海岸沿いに南端を望む。三差路を右にとり渡嘉敷地区方面へ。

東海岸 三差路看板

途中の展望台からは、渡嘉敷港の入り口を守るグスク島が良く見えます。右手奥の前島には昭和30年代まで200人ほどの島民がいましたが、度重なる台風被害や生活の不便さから全員出てしまいました。近年数人の人が戻られたようです。

展望台 展望台より

林道の先 赤間山の山頂には、国立沖縄青少年交流の家が。左手に従軍韓国人の慰霊碑「アリランの慰霊モニュメント」

赤間山山頂 アリラン慰霊モニュメント

「港が見える展望台」からは、渡嘉敷集落が一望できます。

港が見える展望台
渡嘉敷集落1 渡嘉敷集落2

それでは、渡嘉敷集落に戻りましょう。いかがでしたか、写真で渡嘉敷島の観光ドライブ気分になりましたか?。次は、しっかり自分で島の風、空気、太陽を感じて下さいね。

    
TOP 料金・宿泊について 島へのアクセス コテージご予約フォーム
渡嘉敷島について 島で遊ぶ コテージ内部 About us コテージご予約状況
島の地図 島で食べる コテージ周辺 沖縄へ卒業旅行 ゲストの写真ブログ
阿波連ビーチ 島で買う 備品一覧 リンク 管理人 ブログ
渡嘉志久(とかしく)ビーチ レンタル品・ツアー案内  サイトマップ 海でのマナー
ハナレ島(シブガキ島) FAQ 沖縄のペンションは
その他のビーチ